業務内容アイコン-砕石・砂の製造販売

業務内容アイコン-建設廃棄物

業務内容アイコン-アスファルト製品の製造販売

環境と調和した資源の安定供給をテーマに

地球環境との共生は、今日の産業界の大きなテーマです。
砕石業界においても、自然環境との調和を保ちつつ、いかに地下資源を安定的に確保するかが課題となっています。
昭和石材工業所では、その課題への取り組みの一環として、公共工事等から発生する廃棄物を貴重な資源として再利用する、いわゆるリサイクルに取り組んできました。
いち早く昭和57年(1982年)新町建材工場に再生砕石用プラントを設置したのを皮切りに、昭和61年(1986年)には青梅合材工場に再生合材プラント、平成5年(1993年)には新町建材工場に再生砕石新プラントを設置、供給能力を向上させました。